Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://justforkicks.blog.fc2.com/tb.php/51-816cf15b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

10/4読書会、無事終了しました

もう北海道は雪が降ったりと冬の気配を感じさせています。
こんにちは。miro09starです。

遅くなりましたが、10/4『ゴーストマン』読書会、恙無く終了いたしました。
課題書『ゴーストマン』に関するレポートは後日翻訳ミステリー大賞シンジケートのHPに掲載予定ですので、こちらのブログではそれ以外のお話を。
大賑わい(?)の課題書のディスカッションが一通り収束した後、出版社対抗ビブリオバトルに参戦した他の本についての感想を自由に語ってもらいました。

・『ペナンブラ氏の24時間書店』(東京創元社)
・『ライフボート』(集英社文庫)
・『NOS4A2』(小学館文庫)
・『ミステリマガジン700 創刊700号記念アンソロジー海外篇』(早川文庫)

残念ながらコンプリート賞が出なかったのですが、丁度どの作品にも数人ずつ読んだ方がいたのでこちらはネタばれなしでの感想となりました。

こちらも同じものを読んでも超楽しんだ人となんだかピンとこなかったという人がいたり、結末に許せなーい!と憤る人と時代を考えたらアリだと思うという人がいたりとさまざま。何人かの方はその後全作コンプリートされていたようです。
軽いノリの企画でしたが、1冊でも多海外ミステリ小説に触れる機会を提供できたのであれば幸いです。

私が読んでいたのは「ライフボート」ですが、初作品とは思えないこなれた描写と一回普通に読んだ後で「もしかしたらこれは・・・」と別の見方が出てくるという構造が楽しく読めました。

そのあと二次会では料理を楽しみながら翻訳ミステリーやそれ以外の話にも花を咲かせるのでした。
    1006二次会_1   1006二次会_2


感想の中で「(本の感想を)自由に言ってもいいんだ、と思ってうれしかったです」と言ってくださった方もいたのが印象的でした。
ネタばれとか気にしないで、好きとか嫌いとか(笑)も自由に言えるというのは読書会の醍醐味かもしれません。
遠くから参加された方や初めての方、いつも来てくださる方、そういったあらゆる方々が自由に語れる場としてこの会があるのだとしたら世話人冥利につきるところです。

次は12/6(土)。年も何もかも忘れて(え?)楽しめる会になればと思っています。

ちなみに次回の読書会の受付要項は↓に掲載されています。11月末日まで受付中。
ご興味ある方、ぜひ一度お越し下さいませ。
http://d.hatena.ne.jp/honyakumystery/20141109/1415482170
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://justforkicks.blog.fc2.com/tb.php/51-816cf15b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

札幌読書会世話人

Author:札幌読書会世話人

最新コメント

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。