Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://justforkicks.blog.fc2.com/tb.php/45-d6f94630

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

今年の目標

お陰さまをもちまして今年初めての読書会が無事終了いたしました。
今年も熱いトークで瘤を攻め、舌鋒鋭くエアーを決める札幌読書会です。

ディスカッションの内容は後日レポートをさせていただくとして、今回は皆様から募集した「今年の目標」を発表いたします。

「今年の目標」とは何ぞや?
「もっと本を読もう、読まねば」と思いつつ、なかなかその通りに実践できないのが世の常人の常。
みんなでいちにのさん!で目標を発表して、励まし合いながら一年間読書lifeを楽しみませんか?
・・・というともっともらしく聞こえますが、単に世話人がテキトーに思いついただけの企画です。
「えーっ!?」と言いながらもちゃんとノッてくれたメンバーの皆さん(しかも北海道在住ではない方まで無理やり引き込みました)ありがとうございます。

では早速一挙公開!

(掲載は順不同)
●みほりん
翻訳ミステリーを月1冊読む
ここの皆さまには低いハードルですが私には高いハードルだったりします(笑)

●右払(みぎはらい)
とりあえずなんかシリーズを読む
翻訳モノを30冊読む

どれかシリーズ一つくらいは「それ読んだ!」って言いたい。もしくは「そのジャンルはあれだよ、語らせたら長いよ」っていって迷惑がられたい(笑)。

●榎本
カトリーヌ・アルレー全作制覇

●ちょろいも
人のペースや話題の本に引っ張られすぎず、自分の好みは何か追求してゆきたい。 まずは『白痴』を読みます!
人生の残り時間が少なくなっているので!

●かっこー2
積読を減らす
具体的にはずーっと積んでる「フリッカー、あるいは映画の魔」「パリ左岸のピアノ工房」「冷血(上・下)」の4冊を読みます。微々たる目標ですがほんとにずっと積んでるので…。
年間120冊をめざしたいと思います
昨年は100冊をやっと超えたのでなんとか月10冊をラインにしたいです。

●キクチカ
家に積んだまま久しい「飢餓海峡」と「虚無への供物」を読んでしまう
特に飢餓は1ページめで意識が幽体離脱してしまい、なかなか先に進めない、手強い作品だと思います。
1 1月に行われる横溝正史祭りに行くこと
ぼやぼやしてたらあっという間に年末になるので、今から準備を着々と進めなければならないと思ってます。

●N・F
積読を消化すること
ジム・ケリーやアン・クリーウ゛スを読む


●でりこ。
テーマは「温故知新」。『隅の老人』と『青い脂』を読みたい。
元々クラシックミステリが好きなんですが、このところ遠ざかっていたのでまた読みたいなと。

●Sai
小栗虫太郎「黒死館殺人事件」、カー「三つの棺」、バークリー「毒入りチョコレート事件」を読み切る
後者二つはずっと読みたかった、またはおすすめされていたのになかなか読む機会がなかったから。黒死館は、これを読んだら日本三大奇書を制覇出来るから。

●ていし
『月いち☆フランシス』と称し、毎月一冊、ディック・フランシスの競馬シリーズを読む
午年だからw

●K・T
何冊読んだかで人間の値が決まるという岩波文庫を5冊読む!
この機を逃したら絶対一生読まないから

●H・R
エド・マクベインの87分署シリーズ全巻制覇!
以前2巻目だけ読んでとても面白く、全巻制覇したいなぁと思いながら、なかなかきっかけがなかったので。

●桃色金歯
本棚に放っておいたままの本を起こす。ガルシア・マルケス「百年の孤独」、中井英夫「虚無への供物」、マルタン・デュ・ガール「チボー家の人びと」
「百年の孤独」は未読からの解放を!「虚無への供物」は読書会でも話題にあがるのに読んでないから。小樽文学館で開催の中井英夫展に行って、助走はバッチリ。「チボー家の人びと」は小津の映画みてたら、「面白いですね、チボー家の人びと」「どこまでお読みになって」「まだ4刊目の半分です」というシーンがあった。昭和26年の映画だが、当時の人にはポピュラーな小説?私の娘(二十歳)が読んで、「いやー萌えたわ」という感想も気になるから。"
未読な作家の本を読む。
気になってるのはエドワード・ケアリー。中央図書館の海で見つけた。装丁もぐーっと誘う。

●S・I
月2冊本を読みたい
社会人1年目で本を読む時間を確保するのが難しくて・・・・

●S・A
自分のペースで普通に読んでいきます(笑)

そして世話人である私は、
フロストシリーズ、チャンドラーの長編、ダン・ブラウンをコンプリートする
全部読むとなんか安心するから。特にフロストシリーズは翻訳の巧さで本国版より面白いかもしれないというご意見を耳にしたので、訳文を噛みしめながら読もうと思います。
村上春樹を5冊読む
ごめんなさい、村上春樹ってイマイチ理解できてません。でもエラソーに「春樹はさぁ・・・」と語ってみたいのです。
オールタイムベストなどに選ばれている名作を20冊読む
東西オールタイムベスト(新旧)、杉江松恋さんの「マストリード100」その他を参考に。そもそも自分の読書傾向が偏りすぎていてこういうものに選ばれる作品を壊滅的なほど読んでいないので。

以上です。

読書会で顔を合わせるたびに「目標どう?」「読んだ?」とニッコリ笑顔で探りを入れ励まし合っていきましょう。
年末には達成度を発表する場を設けたいと思っています。鼻高々の達成報告となるか、はたまた懺悔となるか(笑)
ちなみに、世話人のワタクシは懺悔前提です。ですが、ギリギリまでヒーヒー言いながら取り組む所存。
軽~いノリではありますが、こういう企画が素敵な本との出会い、ちょっとした日常の満足感に一役買えたら嬉しいです。
「面白そう!」と思った方はぜひぜひ仲間に加わって下さい。お待ちしております。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://justforkicks.blog.fc2.com/tb.php/45-d6f94630

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

札幌読書会世話人

Author:札幌読書会世話人

最新コメント

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。