Entries

VIVA!課題本決定戦!

8/24(土)、『私が、生きる肌』の読書会、後半は「課題本決定戦」を行いました。

1人1作のプレゼンをし、一番指示の多かった作品を来年2月の読書会の課題本とする企画です。
半年先の課題本をもう決めちゃうの?と驚かれるかもしれませんが、あっという間なのですよ、半年なんて。

実は世話人のワタクシ、これを機に少しずつビブリオバトルの形を作り上げていけないものかと目論んでおりました。
本好きが薦める本にハズレなし。史上最強のビブリオバトル目指して!
・・・・とはいえ、張り切り過ぎると空回りしちゃいますので、努めてユル~くやってみましょう。

ということでルールはこんな感じです↓
・プレゼンは1人約5分(あくまで目安)
・翻訳モノであればジャンルを問わない
・入手困難、気が遠くなるほど長い作品は避けましょう
そして明確にビブリオバトルと違うのは「未読の本も可」。
課題本を決めるのが目的ですから、なぜそれを読みたいと思うのかを話していただければOKということで。

では嬉し恥ずかしドキドキの推薦本と推薦理由を当日の発表順に一挙公開です。



『バッドタイムブルース』
オリヴァー・ハリス著/府川由美恵訳


バッドタイム・ブルース 〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕バッドタイム・ブルース 〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕
(2013/07/10)
オリヴァー・ハリス

商品詳細を見る

【推薦理由】※未読
借金まみれの生活をなんとかしようと行方不明の大富豪の財産を横領しようとするトンデモないけど腕利きの刑事が主人公というのが新しい感じがして興味をひかれた。
プロットがコンゲームらしいので、その部分でもかなり期待。
カバーイラストがフロストシリーズの村上かつみさんなので、ジャケ買いせずにいられない。


推薦理由のもう一つは「来年の読者賞のために新作を少し読みたい」。この立派な姿勢(!)を誰か褒めてくれないかなぁ、読者賞関係者諸君。



『盗まれた街』
ジャック・フィニィ著/福島正実訳


盗まれた街 (ハヤカワ文庫SF フ 2-2)盗まれた街 (ハヤカワ文庫SF フ 2-2)
(2007/09/20)
ジャック・フィニイ

商品詳細を見る

【推薦理由】※未読
SFの批評では必ずといっていいほど引き合いに出される作品なので気になっていた。
評判通りの名作なのか否か、みんなで検証してみたい。
それにこの有名な本を読んでいないのはちょっと悔しかったので、ちゃんと読んでエラソーな顔したいです(笑)


虚栄心キタ!(笑)「ええっ?読んだことないのぉぉ?」と常に上から目線でいないと気が済まない読書家の厭らしさをストレートにアピール。
既読の人は「おお!ならば読むがいい!」みたいな敵キャラ気分になり、未読の仲間は「じゃ私も急いで読まなきゃ!」と煽られる。ビブリオバトルではあり得ないアピールだけど、効果は満点。



『海軍士官候補生』(海の男ホーンブロワーシリーズ1)
セシル・スコット・フォレスター著/高橋泰邦訳


海軍士官候補生 (ハヤカワ文庫 NV 36 海の男 ホーンブロワーシリーズ 1)海軍士官候補生 (ハヤカワ文庫 NV 36 海の男 ホーンブロワーシリーズ 1)
(1973/02)
セシル・スコット・フォレスター

商品詳細を見る

【推薦理由】※既読
海と友情!『ONE PIECE』というよりは『銀英伝』みたいなノリでしょうか。チャーチルの愛読書でもあったらしい。とにかく主人公が魅力的です。なかなか変わった人(船酔いしやすいとか)でもあるけれどそこがまた・・・。
ドラマ化されていて、主人公を演じているヨアン・グリフィズがメチャ美系。軍服萌えにもお勧めです♪


ドラマのカラー写真を見た女子の盛り上がりがハンパない(笑)まさかイケメンを理由に課題本が決まるなんてことが・・・あったとしたらそれもヨシ!多分本家ビブリオバトルで「軍服萌え♪」とか言ったらドン引きされますね….
ちなみにビブリオバトルでは課題本以外のものは持たないらしいのですが、今回はそういうルールは設けていませんので、イケメン写真でもなんでもおっぴろげて下さってかまいませんよ。



『フリント船長がまだいい人だったころ』
ニック・ダイベック著/田中文訳


フリント船長がまだいい人だったころ (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)フリント船長がまだいい人だったころ (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
(2012/08/08)
ニック ダイベック

商品詳細を見る

【推薦理由】※既読
真冬のベーリング海の潮の匂いを感じながら、みんなでどよっと暗い気持ちになって語りたい。割り切れない感じに“どよっ”というより“イラッ”とくるかも・・・。
「自分だったら」というシチュエーションで考えさせられるので、読者一人一人に錨を降ろす場所がありそうな作品。
絶対一緒に読みたくなるのは『宝島』と『灯台守の話』!


しっかり併読のお勧めまでするとはさすがです。
ギャラリーからは「タイトルだけでやられる~~」の声アリ。タイトル勝ちの好例『卵をめぐる祖父の戦争』を思い出してうっとりする人続出。さっきはイケメンにやられてたけど、あっさりタイトル萌えに転換するのか?



『タイガーと呼ばれた子』
トリイ・ヘイデン著/入江真佐子訳


<トリイ・へイデン文庫>タイガーと呼ばれた子--愛に飢えたある少女の物語 (ハヤカワ文庫 HB)<トリイ・へイデン文庫>タイガーと呼ばれた子--愛に飢えたある少女の物語 (ハヤカワ文庫 HB)
(2004/06/10)
トリイ・ヘイデン

商品詳細を見る

【推薦理由】※既読
『シーラと呼ばれた子』の続編で、いいところで終わったのを否定するところから始まります。でも前作を読んでいなくても問題ありません。
作者は教育者、治療者として情緒障害の子供を診てきているので説得力があります。悩みに対して安易な答えを出さず、常に「あの時こうすれば」と自問自答している姿に好感を持ちました。子育ての参考にもなります。


ひょっとして翻ミス読書会の歴史始まって以来のノンフィクション!?
しかもなんとなくビブリオバトルっぽい!ありえない展開を覚悟していた世話人に一条の光がさした瞬間。もっと光を!(ゲーテも応援)



『ファイアーウォール』(上下)
ヘニング・マンケル著/柳沢由実子訳


ファイアーウォール 上 (創元推理文庫)ファイアーウォール 上 (創元推理文庫)
(2012/09/21)
ヘニング・マンケル

商品詳細を見る



ファイアーウォール 下 (創元推理文庫)ファイアーウォール 下 (創元推理文庫)
(2012/09/21)
ヘニング・マンケル

商品詳細を見る

【推薦理由】※既読
あまり予備知識がないまま手に取ったのですが、面白くて一気に読んでしまいました。シリーズものだけど、独立した話なのでこれだけ読んでも大丈夫です。
解決されない謎があったので、他の人の意見をぜひ聞きたいと思ってます。ひょっとして自分だけが解ってなかったのかもしれないし(笑)


そうそう、読書会ならではですね、「わからなかったところを教えてもらえる」。
いいぞ、いい感じだぞ。かなりビブリオバトルらしくなってきたじゃないか・・・と、後の展開を知る由もない世話人は一人不気味にほくそ笑むのであった・・・。



『殺人は広告する』
ドロシー・L・セイヤーズ著/浅羽莢子訳


殺人は広告する (創元推理文庫)殺人は広告する (創元推理文庫)
(1997/09)
ドロシー・L. セイヤーズ

商品詳細を見る

【推薦理由】※既読
ピーター卿シリーズの王道ミステリです。
・・・王道って言えば王道なんですけど、ちょっと普通すぎて(課題本にするには)面白みがないっていうか・・・


は?(なぜしぼみだした!?)

本当は今読んでる本が面白いんですけど、全部読み終わらなかったんです・・・

(ちょっと嫌な予感)ちなみに今読んでる本はなんですか?

『中二階』です。ニコルソン・ベイカーの。

(覚悟を決める世話人)変えてもいいんですよ、推薦本。

じゃ、変えます!

変えるのかっ・・・!

改めて、『中二階』
ニコルソン・ベイカー著/岸本佐知子訳


中二階 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)中二階 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)
(1997/10)
ニコルソン ベイカー

商品詳細を見る

【推薦理由】※読書中
サラリーマンが中二階のオフィスに戻る途中の短い時間にいろんなことを考える話です。。靴ひもが左右同時に切れるのはどうしてだろうとか、そういう細かいことばっかり。
すごく面白いんですけど、本文より注釈を読む方が大変で(笑)
実はくすみ書房にトヨザキ社長(書評家:豊崎由美氏)が来られた時にお勧めしてた本で・・・


ここでいきなりギャラリーから「ああっ!それ私も行ってた!」と声がかかり、あの時あそこに座ってたのよ、アラ私はあの辺に・・・と完全に主婦の立ち話ワールド開店。立て直したつもりだったのに・・・(滂沱する世話人)
そして話は豊崎氏ご推薦の折り紙外科医(『紙の民』サルバドール・プランセシア)の話に移り、発表者以外の人が延々と『紙の民』について説明をするというまさかの展開。
遠ざかるビブリオバトル。貴方の背中が涙で見えないわ・・・。

しかも恐ろしいことに、みんなの頭に『紙の民』が刷り込まれているじゃぁありませんか。
慌てて話を打ち切り、次行きます、次!



『わらの女』【新版】
カトリーヌ・アルレー著/安藤信也訳


わらの女 【新版】 (創元推理文庫)わらの女 【新版】 (創元推理文庫)
(2006/06/27)
カトリーヌ・アルレー

商品詳細を見る

【推薦理由】※未読
まだ女性作家を取り上げていないので、アルレーを選んでみました。『推定無罪』の“ダメ男”の次は“悪女”っていうのもいいかなと思って。
紹介文にある「女の虚栄の醜さを完膚なきまでに描いた」っていうのがスゴイです。


やるせないため息がもれる会場。なぜなら9割が女子だから。
散々、ダメでバカな男をコケにした実績があるだけに、返す刀でどんな目に遭うことか・・・。
そしてラストはこの作品↓



『死の接吻』
アイラ・レヴィン著/中田耕治訳


死の接吻 (ハヤカワ・ミステリ文庫 20-1)死の接吻 (ハヤカワ・ミステリ文庫 20-1)
(1976)
アイラ・レヴィン

商品詳細を見る

【推薦理由】※既読
同じく「ダメ男」の次は「バカ女」がいいかなと思いました。
他にもいろいろ候補がありましたが、やっぱりコレです。すごいバカ姉妹。姉妹もそうだけどこの母親が本当にバカ!ていうか、なんで名作なのかわからない・・・


えっ・・・(まさか?)

本当に読みたいのは、タイトル忘れたけどフロストの新刊なんです。

(軽い眩暈をこらえて)冬のフロスト?

それ!

変えます?(もう驚かない、私はもう驚かないゾ!)

どうしようかな?変えようかな。だって『死の接吻』は古臭くて嫌かもしれないし・・・

「ええっ?そんなことないですよ!私『死の接吻』好きですよ」とギャラリーからいきなりの援護射撃。毒を喰らわば皿までなので、世話人の私も参戦しよう。「バカ三姉妹ツッコミどころ満載でいいじゃないですか。第二部の構成は意外でいいですよね」などと言ってみる。
そうなると『死の接吻』未読の人も興味がでてきて「どんな話?なに?面白いの?」とあちこちで交わされる私語。俄かに増える『死の接吻』ファン。

ええ~~、でも今更な感じがしない?

どんどんしぼんでいく推薦者。
「そんなことないよ!」「面白いよ!」「なんかすごい興味ある!」全力で止めるギャラリー。
もちろん最終的には推薦者の気持ちが大事なわけでして・・・・

読みたいものが一番ですからフロストにしてもいいんですよ

うーん・・・フロストも変な話だし

迷う推薦者。
「フロスト面白いよ!」「新刊だし!」「絶対ハズレはない!」慌てるフロストファン。

変えます?

・・・・・(ファイナルアンサー前の沈黙)・・・・

やっぱりいい。フロストは一人で読みたい。『死の接吻』でいいや!

崩れ落ちるギャラリー。
”でいいや”って・・・ごめんね、アイラ。アイラは悪くない、悪くないんだよ。
そして世話人の耳の奥に響くあの名調子。
”なんということでしょう!匠の見事な技により、ビブリオバトルは完全に姿を消しました!”
思った通りにはいくまいと予想はしていましたが、まさかここまでとは・・・。



ドリフのコント並みにドタバタだった課題本決定戦。
見事、次々回の課題本に選ばれたのは

『フリント船長がまだいい人だったころ』

よかったー!常識的なところに落ち着いたー!(←世話人のホンネ)
まだまだ時間がたっぷりありますので、紹介のあった『宝島』『灯台守の話』もぜひ一緒に読んでみましょう。

というわけで、我が札幌は11月に羊読書会、2月が船長読書会を行います。
ぜひぜひご参加下さい。
お問い合わせは sapporo.readingparty@gmail.com まで!





宝島 (岩波少年文庫)宝島 (岩波少年文庫)
(2000/10/18)
R.L.スティーヴンスン

商品詳細を見る



灯台守の話 (白水Uブックス175)灯台守の話 (白水Uブックス175)
(2011/08/09)
ジャネット ウィンターソン

商品詳細を見る



冬のフロスト<上> (創元推理文庫)冬のフロスト<上> (創元推理文庫)
(2013/06/28)
R・D・ウィングフィールド

商品詳細を見る



冬のフロスト<下> (創元推理文庫)冬のフロスト<下> (創元推理文庫)
(2013/06/28)
R・D・ウィングフィールド

商品詳細を見る



紙の民紙の民
(2011/07/26)
サルバドール プラセンシア

商品詳細を見る



ホーンブロワー 海の勇者 DVD-BOX1ホーンブロワー 海の勇者 DVD-BOX1
(2004/07/23)
ヨアン・グリフィズ、ロバート・リンゼイ 他

商品詳細を見る



羊たちの沈黙(上) (新潮文庫)羊たちの沈黙(上) (新潮文庫)
(2012/01/28)
トマス ハリス

商品詳細を見る



羊たちの沈黙(特別編) [DVD]羊たちの沈黙(特別編) [DVD]
(2012/09/05)
ジョディ・フォスター、アンソニー・ホプキンス 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://justforkicks.blog.fc2.com/tb.php/40-485cabf0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

札幌読書会世話人

Author:札幌読書会世話人

最新コメント

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR