Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://justforkicks.blog.fc2.com/tb.php/4-e0e2ebd2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お詫びとタイトルの由来について

翻訳ミステリー大賞シンジケートさんから通知をしていただきましたが、現在私のtwitterアカウントが休止状態になっています。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
怪しげな使い方をしたというわけではありませんのでご心配なく。
はっきりした原因はtwitter社からの回答がないとわからないのですが、いろいろネットで検索してみたところブログとtwitterの連携に関する技術的な問題のようです。
現在twitter社には対応を依頼中ですが、復旧までにどれくらいの時間がかかるのかわからない状態なので、とりあえずブログの方で発信していきたいと思います。

というわけで、このブログのタイトルの由来について。
すでに「!」とお気づきの方もいらっしゃるかもしれません。

今回、読書会の課題図書はディック・フランシスの「大穴」。
そして同じシリーズ初期の作品で「興奮」というのがあります。
この原題が「FOR KICKS」。
両親を失くして弟妹を養うために働き続けてきた主人公が、偶然の出来事がきっかけでスリル満点の任務につくことになります。
これももう実に面白くて、実は私がシリーズで一番好きなのがこの作品です。
主人公の名前はダニエル・ローク。○○年前から「ダニエル・ロークの嫁になる」と公言して憚りません。
初めてこの作品を読んだ時は彼とお似合いの年頃だったんですよ(笑)

辞書をひくと JUST FOR KICKS というのは「スリル/刺激を求めて」だそうです。
別に大層な冒険をしたいわけではないのですが、今のところ私にとっては読書会の成り行きが冒険そのもの(笑)
そしてシンジケートさんや各地の世話人さん、読書会参加者の方々などの繋がりから、新しい読書の楽しみ方、今まで知らなかった面白い作品を教えてもらって、さらに刺激的に読書が楽しめたら最高ですね。

そんな諸々の気持ちをこめてのブログタイトルです。
どうぞご贔屓に。

【札幌読書会】の詳細についてはコチラ↓
http://d.hatena.ne.jp/honyakumystery/20120615/1339714552
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://justforkicks.blog.fc2.com/tb.php/4-e0e2ebd2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

札幌読書会世話人

Author:札幌読書会世話人

最新コメント

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。