Entries

二次会レポート

和やかな雰囲気から次第に熱を帯び、やや修羅場の様相を呈してきた札幌読書会。
あいにく会議室の利用時間があるため、まだまだ話し足りない参加者は河岸を変えて第2ラウンドへ。

今回利用したお店は北海道土産として人気の高い「札幌カリーせんべい カリカリまだある?」で有名なYOSHIMIの札幌パルコ店さんです。パーティーメニューの『野菜がたっぷり食べられるヘルシーコース(料理7品・120分飲み放題付き)』 お一人様 2,980円也♪

まずは和気あいあいで乾杯!
編集乾杯 (640x481)


お酒飲める方が多いようでよかったです。よく食べ、よく飲み、ガッツリ話し込んでいただきました。

twitterでの宣伝で「馬面半額」だの「じゃじゃ馬半額」だのとお祭り騒ぎをしておりましたが、残念(当然)ながら該当者なし。
しかし!殊勲賞がいらっしゃいました。本日の『馬ガール』

編集馬ガール (800x590)


ばっちり馬Tシャツと馬トートで決めてくれましたよ。
初回から盛り上げてもらいました ありがとうございます!!

さて、その二次会。
読書会はウォームアップに過ぎなかった!と思えるほどに盛り上がりました。

「あのシリーズ面白いけどもう作家さん亡くなって続きがないんですよね」
「ええっ!?そうなんですか?」
「そうそう、それで遺産の話でモメてね・・・・」
そこまで突っ込みますか さすが情報が広くていらっしゃる。

「あの作家さんってちょっと変わってますよね」と切り出すと、「あれは厨二病だから!」とバッサリ。
その調子で無情にも厨二病診断の下った作家は数知れず・・・・。

書店で平積みになっている話題の小説のタイトルが出たので、面白かったのかな?とワクワクしたら、「人生の無駄だった」と背中を一突き。
ううっ、ありがとうございます。読まなくてよかったような読んでおけばよかったような(涙)

「なんで子供向けの本にあの作品を収録するの!?編集社は何考えてるの!」
「え?読後感悪いものなんですか?」
「読後感どころじゃない。大人が読んでもうわ~~って思う!」
「そこまで言われたらちょっと読んでみたい気も・・・・」
「ぜひ1度読んで!」
クサしているのか勧めているのかわからない(笑)基本的に物好きなんですね、読書家って。

「私、ル・カレってどういうわけか全然読んだことないなぁ」
「“寒い国から帰ってきたスパイ”だったっけ?」
「なんかさぁ、北海道のことバカにしてない??」
そそ、そんなわけじゃないと思いますが、確かに「暑い国」から帰ってくると長期休暇明けのスパイみたいかも(笑)

「“バカミス”の定義ってなんですか?」
「読んだ後で「バカーッ!」って言って壁に本を叩きつけたくなるようなやつじゃないの?」
「あるある!そういうのある~~っ!」
当らずとも遠からず?私もよくわかりません。バカミスファンの方、お許しください。
わからないことはサクッとwikipediaに教えてもらいましょう → バカミスとは

なぜか分が悪かったのはコージーでした。曰く、
「警察が毎度死体に遭遇するのはわかるけど、なんで主婦とかケータリングサービスとかがしょっちゅう死体に出っくわすのよ!?」
喧々諤々しているうちに、「そもそもコージーって何!?」(笑)
唯一のコージーファンの方も「でもサクッと読める本だって必要ですよ。こちらも時間がないんですから」って、それ褒めてないですから!・・・・いつかコージーが復権できる企画ができますように。あ、そのためにはまず自分が読まなきゃ。
ついでにもう1回wikipediaに教えてもらいましょうね → コージーミステリとは

こうして無残な姿で累々と横たわる作家と作品と編集者の屍・・・・。
もちろん、褒める時もあるんですよ。いいものは褒めます。でも褒める時のお約束、それは「“超”上から目線」(笑)

かと思えば「“もしドラ”で泣きました!」「私も~~!」「うっそ~~」と色めき立ち、「何?何?ドラッカーって何読んだらいいの?どれ面白いの?」・・・って、もう活字ならなんでもいいんですね。ある意味感嘆。

更に映画やドラマにも話は広がり、皆様が熱く語っていたのが「平清盛」。こんなに大河ドラマ普及率が高いとは!
多分、この日唯一の明確なる答えがでたのはこれでしょう。
「いい男は坊主でもいい男」!(爆)
この宣言が玉木宏さんに聞こえますように・・・・。
すかさず「でも坊主多すぎてなんだかわかんないよ」という突っ込みもあり、大爆笑です。

とにかく話が途絶えない!なんか強烈かも、この人達(自分もその一員だっつーの)
お店の方に「ラストオーダーです」と声をかけられ、「え?もう2時間?」と思いました。
お会計をしてお店を出たところでめでたく解散です。
皆さん、「楽しかったです」と言って下さって、本当によかった。
ず~~っとテンパってましたが、読書会、やってよかったです。願わくばせっかくこうして楽しい時間を共有できた方々と、これからも長いお付き合いができますように。

なんともとりとめのない二次会報告ではありますが、とにかく終わった!の一語に尽きます。
皆様お疲れ様でした。
また次回の読書会でお会いしましょう。Twitterで宣言しましたが、次回は「卵をめぐる祖父の戦争」が課題本です。
卵をめぐる祖父の戦争 (ハヤカワ文庫NV)卵をめぐる祖父の戦争 (ハヤカワ文庫NV)
(2011/12/05)
デイヴィッド ベニオフ

商品詳細を見る
時期は調整して後日発表。
今回参加できなかった方、次回お会いできることを楽しみにお待ちしております。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://justforkicks.blog.fc2.com/tb.php/17-b964abe5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

札幌読書会世話人

Author:札幌読書会世話人

最新コメント

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR