Entries

読書会予行演習

昨夜は読書会のお手伝いをしてくれている盟友Mさん(@miho09star)と打ち合わせ。
思えば、前々から「札幌で読書会やってくれるといいのにね」と話していたものの、突然携帯メールで「私の手下になって下さい」と頼まれ、いつものほんわかした雰囲気で「いいですよ~~」と返してきた貴方は大物です。

というわけで、久しぶりの雨が降った札幌の夜。
まずは二人とも非常に注目している福島読書会の特別編の話で盛り上がりました。
題して!<お寺 DE 『鉄鼠の檻』>!(まとめてお詫びします。福島読書会様)
すごいですね~雰囲気ありますね~~。絶対一人でトイレに行けないと思います(笑)
でも読書会終わった時には「憑物」が落ちてるかも(^^♪
【詳しくはコチラ↓】
http://blog.livedoor.jp/nazotoki2012/archives/10647600.html

それから親分と手下は讃岐うどんとかやくご飯をがっつきながら、ニコリともせず真剣な面持ち。
「ここはこうで」「あそこはこうでしたぜ」「じゃぁちょいと調べてリストにしといてくれぃ」「へい!」「ぬかるなよ!」「合点!」・・・・と二次会の相談です(そこか!!)

喉元までうどんとご飯でいっぱいにして(一体どの口が”ダイエット”とほざいているのだろう??)、次はちょっと寛げる空間へ。
大通にある古本とビールのお店「アダノンキ」さんです。
「金しゃちビール」と「沖縄塩サイダー」であらためて乾杯。
資料のチェックと当日の行動予定を確認した後は店主さんを交えて気づけば「プレ読書会」の様相になっていました。

「M・Mの本って、20代の時は面白かったけど、今は濃くてしんどい」
「M・Kは逆ですね。10代の頃は全然わかんなかったけど今面白いです」
「そういえばS・Yってどうしてるの?」
「淡々と新刊出てますよ。でも昔のインパクトはないなぁ」
「昔の上司は朝っぱらから”失楽園”を朗読してました」
「ええっ!声に出して??」
「今ならアウト(セクハラ)だね~~」
「だね~~」

などなど、とどまるところを知らず。
やがて話は小説から漫画に移り、やはりこの年代が熱くなるのはアレです、アレ。

「亜弓さんは失明寸前なんだけど、歌子がさぁ・・・」
「真澄さんは婚約者がね・・・」
「ええっ?じゃ、桜小路くんは!?」
「結局まだ紅天女は始まんないの?」
「もう亜弓さんにやってもらえばいいのに」
「マヤはリア充だから女優引退しても」
「でももう一回亜弓さんの”恐ろしい子”を聞かないと納得できない!」

・・・止まらない、全然止まらない。誰かこの暴走列車にブレーキを!

爆笑の止まらない楽しい夜でした。
読書会当日もこんな感じでいってみよう!

【札幌読書会】の詳細についてはコチラ↓
http://d.hatena.ne.jp/honyakumystery/20120615/1339714552
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://justforkicks.blog.fc2.com/tb.php/14-64ce3fe0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

札幌読書会世話人

Author:札幌読書会世話人

最新コメント

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR