Entries

twitter顛末

約2週間前にtwitterアカウントが凍結になってしまい、いろいろな方にご迷惑をおかけしました。

最初は驚きましたよ~~。
とにかく急いで凍結解除申請をしたものの、一体自分が何をしでかしたのか全く心当たりがない・・・・目を皿のようにしてググったら、新設アカウントでFC2ブログの自動更新と対応させると、twitter側がスパムと誤認するという事例がいくつか出てきました。大当たりです。

ところがここからが長い・・・・なぜならいつ頃対応してくれるのか全くわからないから。個人差(というか運?)があって、2~3日で解除になる人もいれば、数週間かかっている人もいます。イライラするのですが、なんたって無料のツールなわけだからこちらもガンガン怒るわけにもいかないのです。
中にはイラついて「所定の手続き」を乱発する人もいるようですが、それはtwitter側の処理数を増やすだけなので自粛された方がいいかもしれませんね。

結局は新しいアカウントで仕切りなおしをしたのですが、昨日twitter社から連絡がきて一件落着と相成りました。

ちなみにこんなメールでした。↓

Hello,

Twitter has automated systems that find and remove multiple automated spam accounts in bulk. Unfortunately, it looks like your account got caught up in one of these spam groups by mistake.

I've restored your account; sorry for the inconvenience.

Please note that it may take an hour or so for your follower and following numbers to return to normal.

Thanks,

Support

どうやら予想通りの理由だったようです。
それにしてもこのメッセージの簡潔さ(笑)

いえいえ、いいんですよ。
伝えたいことは全部入ってるし、これ以上長いと英語わかんないし。

日本でもメールの場合はかなり簡潔に表現するのですが、企業側に否がある場合には時々バカ丁寧な表現になることがありますよね。とりあえず丁寧にしておけば二重のクレームはないだろうという気がしちゃうので。
「いつもご利用いただきありがとうございます。この度は~~うんぬんかんぬん」が Hello, に集約され、「どうぞ今後ともお引き立て賜りますよう~~うんぬんかんぬん」にひょっとしたら「今後このようなことがないよう弊社社員一丸となって~~うんぬんかんぬん」も加わりそうなところが Thanks, に集約される(笑)
発信者も「○○㈱ ○○事業部 お客様サポート担当 山田太郎」とかじゃない。 Support 。一語!

世の中これくらいの軽い気持ちでいいんだよと言われているような気がしました。

【札幌読書会】の詳細についてはコチラ↓
http://d.hatena.ne.jp/honyakumystery/20120615/1339714552
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://justforkicks.blog.fc2.com/tb.php/10-710c6b9f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

札幌読書会世話人

Author:札幌読書会世話人

最新コメント

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR