Entries

読書会レポート『フリント船長がまだいい人だったころ』

2/15(土)、今年初となる読書会を行いました。今回の課題本は『フリント船長がまだいい人だったころ』(ニック・ダイベック著 田中文訳 ハヤカワポケットミステリ)です。厳寒のアラスカでのカニ漁が小さな町の主な産業。危険に立ち向かう船乗りの男たちと孤独に耐える妻たち。ある日漁船団のオーナーが急死し、跡継ぎのリチャードは事業を売却すると言いだしたことから町に混乱と対立が生まれる。そんな中、両親の不和の間で揺...

Appendix

プロフィール

札幌読書会世話人

Author:札幌読書会世話人

最新コメント

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR